Japan Tag Football Association

タグフットボールとは

タグフットボールとは?

nztfi%20carousel_23
「タグフットボール」とは、ラグビーを起源とし1992年にオーストラリアで生まれたスポーツで、ラグビーボールを使いタックルを無くした代わりに腰につけた2本のタグ(リボン)を取り合う、接触プレーの少ない8人制の競技です。

72-10-2 老若男女が参加出来るのが特徴で、現在では、10歳代から60歳を超えた選手も世界一を競いあえる生涯スポーツとしてオーストラリア、ニュージーランドをはじめ、ヨーロッパはイギリスやアイルランド等で、人気を得ています。

日本タグフットボール協会とは

第1回タグフットボールワールドカップ(2012年ニュージーランド開催)は、元ラグビー日本代表選手ら(國定精豪、渡邊晴弘、長岡法人)有志によって結成されたメンバー30名(2カテゴリー)で出場しました。23の国と地域から、173チームが出場する今大会は「日本タグフットボール協会」を組織し万全を期しワールドカップでプレーすることで、地域内外のタグフットボール認知の底上げと地域社会および地域の教育・普及活動の発展に貢献しています。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP