続けワールドカップへ!ラグビーが起源!タグフットボール全国大会”第3回オニオンカップ”開催 淡路島「ボールパークあわじ」で6月10日キックオフ!

ー タックル無しスクラム無し、〜60歳代がプレーできるポストラグビー ー

特定非営利活動法人日本タグフットボール協会(以下、日本タグフットボール協会・代表:岡村 剛)が主催する「タグフットボール全国大会第3回淡路島オニオンカップ」を兵庫県立淡路佐野運動公園で開催。元ラグビー日本代表選手(予定)や、タグフットボールW杯・オセアニア杯日本代表選手らが淡路島で戦います。

日本のラグビー人口は約12万人、他の人気スポーツに比べ国内競技人口や部活動が少ないにも関わらず現在世界ランク11位、厚い選手層を支えているのは、ラグビー起源であるタグフットボール等の派生競技です。(*World Rugby調べ)

昨年は国内外から200名を超える方々が集まり14歳-50歳までの選手が戦い、「亀仙流」(大阪)が優勝しました。詳細やエントリーは、追ってお知らせいたします。

タグフットボールをするラグビーW杯元日本代表の大西将太郎さん